ロードバイクを買って本当によかった

私が人生で一番の大きな買い物は、全部で40万円したロードバイクだ。

なぜロードバイクかというと、答えはシンプル。車のローンが通らないからだ。

 

金額だけで大きいのは車ではあるが、ロードバイクという言ってみれば自転車に40万円という大金をだすのはとにかく勇気のいる買い物だった。

欲しくなったきっかけはと言うと、たまたま見てしまったyoutube動画でしだった。ピチピチのパンツをはいたおっさん達が颯爽と美しい景色の中、山や海沿いを走り抜けていく動画に心を持ってかれてしまった。

おっさんが乗ってるのに・・・。それからというもの毎日毎日動画を見ては購入欲が刺激され、ロードバイクとはなんぞやと言わんばかりにネットで調べる毎日。

わかった事はいいものはとにかく値段が高いということ。ロードバイクというものは軽ければ軽いほどいいバイクと言っても過言ではない。軽いほど走行性能があがっていき、ストレスも少なくなる。

 

しかしロードバイク界にはこういう格言がある「値段と軽さは比例する」。まさにその通りであった。

ロードバイクでは30万円の壁というものがあるらしく、これ以下は初心者用でありそれ以上からが中級者以上用となるらしい。(インターネット等々曰く)私は悩んだ。

たかが自転車に30万?エンジンもバッテリーも無いのに?私の原付の5倍もするじゃねえか!むしろ車もあるし原付もあるしいらなく無いか?私はとにかく悩んだ。悩んだ。だがすぐ買ってしまった。

一度膨れ上がった購入欲はも買わなければ無くならないのだ。しかも店員にそそのかされ30万より10万も高い40万円のロードバイク。やりての店員さんだった。

しかもロードバイクを組み立てるだかなんやかんやで約3週間も手元に来ないのである。

 

不安や後悔や希望や絶望でいっぱいになりながら待ちに待ち、やっと届いたロードバイクに初めて乗った時、私は買ってよかったと心底思った。

楽しい!楽しすぎる!俺は自転車を買った事は間違いじゃなかった。だが、40万円の支払いがいつまでも頭をよぎる。支払いはクレジットカードで2回払いにしてもらった。

金を工面するためにとにかく節約生活をした。食事は朝食と夕食の2回だけ。酒も付き合いのみ。

欲しい物ができないようにネットショッピングサイト閲覧禁止。等々。

つらい2か月間だったが、支払いが終えた後の解放感。そして欲しかった物の為に頑張った満足感が最高のスパイスになり今もロードバイクを買った事を本当によかったと思っている。

Add a Comment Trackback

Add a Comment